日向亭 葵とは・・・  

奈良県出身、昭和43年生まれ。

天理大学英米学科卒業。

 

いつかは英語を使った仕事をするぞ!と意気込む一般的な大学生でした。しかしやりたい仕事も見つけられず就職に挫折し、親のすねをかじりながらのフリーター生活を始めることに。その後は「自分探し」と銘を打ったイギリスへの海外ボランティアに行くも、人付き合いが苦手という自分自身の壁を打ち破ることができず一年で帰国。

夢であった英語を使った仕事は帰国子女のペラペラな英語に勝てるはずもなく挫折。全く畑違いの会社に就職したが、いつかはひと花咲かせる気持ちを背負いながらの7年半。どんどん出世する友人を羨み妬み、完全に周りに取り残された自分の人生を諦めかけた35歳の時、後輩と嫁のすすめで、たまたま理学療法士という資格を初めて知る。

その翌日退職願いを提出し、入学試験や日々の勉強・実習に苦労しながらも天職と思える理学療法士の資格を38歳で取得。これで我が人生も順風満帆と思えたのもつかの間。物足りなさが心を揺さぶる。

40歳で偶然聞いた落語のCDに感動し、すぐさま演ってみたいと本格的に落語を習い始め、同時期に始まった社会人落語日本一決定戦に自信満々で毎年挑戦するも、鼻っ柱を折られ続け予選敗退が続く。しかしついに5年後には社会人落語日本一決定戦で念願の全国のTOP10入りを獲得。

 

なんとか人生を切り開きたい思いは強くなり、落語とリハビリで地域の高齢者にボランティア活動を開始。人生折り返し、これからは奉仕活動で充実した気持ちで生きていこうと気持ちを切り替えた矢先の2012年、落語とリハビリを融合させたオリジナル体操「エアリハ」を考案、これが高齢者の方々に好評を得、全国のお年寄りに生き甲斐を届けたい、その思いで日本でただ一人の「お笑い理学療法士」として独立。コツコツ続けた講演活動が口コミで広がり、おかげさまで全国から講演依頼を頂けるようになり、高齢者に介護予防を笑いで伝える専門家として、「後悔のない人生」を伝えるために日々修行中。

 

高齢者には「転倒予防」や「認知症予防」、医療・介護専門職には「笑いとコミュニケーション」、中高年の方には「生活習慣病予防」をテーマに全国を駆け巡り、「痛みを笑いに変える」独自の講演スタイルで、90分間笑ってるうちに健康の話が学べると好評を博している。

 

「エアリハ」はNHKやフジテレビ、新聞、雑誌にも数多く取り上げられ、関連書籍も6冊出版。

 

​故マサ斎藤氏 

専属パーソナルトレーナー  背番号0

61ve6J25DLL.jpg

介護予防を学ぶシリーズ①

 

関節痛には「エアリハ」

~痛みが ”笑顔” に変わる~

 

マガジンランド  1,382円+税

 

 

unnamed.jpg

愛の手(CD)

 

500円+税

活動と参加 リハビリテーション 講師

【ポケット介護】

見てわかるリハビリ

「活動」と「参加」につなげるコツ

技術評論社  1480円+税

転倒しない人はすでにはじめている

「エアリハ」3つの習慣

 

エール出版社  1,500円+税

 

 

「エアリハ」は登録第5553030号の登録商標です。